トッポギかトッポッキか?

こんにちは。(*^^*)

暦の上ではもう秋ですが、日中は蒸し暑いこちらです。

 

 

さてさて。

この間、カルディで思わず手が伸びたインスタントのトッポッキ

「チーズトッポギ」と書いてあります。

 

 

f:id:fordiary:20180913160917j:image

 

(トッポッキとは? ↓)

 

f:id:fordiary:20180914070334j:image

 

 

街でもメニューに「トッポギ」と書いてあるのを見たことがありますが、果たして「トッポギ」が正しいのでしょうか?

前々から、この日本語については疑問に思っていたのですが、この機会に述べてみようと思います。

 

 

まず韓国語では何と読むのか。

ハングルではこう書きますね。

 

             떡 볶 이 

 

ここで問題になるのは、볶 이  の ㄲ の部分が 이 と交わる時に、どう発音するかということです。

答えは「끼(キ)」ですね。「기(ギ)」ではありません。

ここでもう一度、先程の写真を見てみましょう。

 

「チーズトッポギ  Cheese Topokki」

 

ローマ字表記では「kki」(キ)  と書いてあります。

つまり「ギ」ではないんです。

 

それではなぜ巷では「トッポギ」という表記をよく見かけるのでしょう?

それは、持論ですが、間違った日本語読みが広がったものと考えられます。

映画のタイトルにもなった「パッチギ」を例に述べてみましょう。

 

f:id:fordiary:20180913191019j:image

 

上のキャプチャでご覧の通り、박치기(パッチギ)は、박치(다)に 기(ギ)を付けて名詞化した形です。

韓国語では動詞を名詞化する時に、動詞の語幹に「기 (ギ)」を付けるので、「ギ」で終わる名詞は「キ」で終わる名詞より圧倒的に多いのです。

その為、「トッポッキ」と読むべきところ、「トッポギ」と誤って読んでしまったものが、広まったと考えています。

 

ということで、今では「トッポギ」も日本語といえるでしょうが、韓国語では「トッポッキ」ですよ〜(*^^*)

あ、ちなみに、インスタントのトッポッキ、美味しかったですよ。

写真みたいにとろーりチーズ感はなかったですが…。(^_^;)