MRI検査

こんにちは。

今年は去年より少ーし、秋が長く感じられます。

3連休だというのに、特に予定はなく、子どもは土曜日学校だし、私も検査があり、先ほど行ってきました。

 

MRIの検査だったんですけどね、始まる前にいくつか確認がありました。

体の中に金属を入れていませんか、タトゥ・入れ墨をしていませんか?

閉所恐怖症ではないですか?と聞かれましたよ。

creditcard-c.com

 

 

金属は虫歯の治療でかぶせたところがありましたけど、それ以外はないですし、タトゥ・入れ墨もクリア。

でも、閉所は大丈夫なのかな? とちょっと不安になりました。

 


閉所の記憶といえば、押入れです!

小さい時に押入れの中にはよく入ってましたね~。

かくれんぼで押入れに入ったり、なんとなく一人になりたい時に、入っていたように思います。

…あれ? 閉所は大丈夫のようですね。^^;

 

 

金具のある衣服を脱いで、準備された検査着に着替えました。

MRIの機械ってこんなだっけ?

板切れのような、といえば大げさだけど、幅の狭いところに仰向けになって、シリコンで覆われたやわらかいスイッチみたいなのを握らされました。

「何か異常があるときは、これを押して下さいね。」

また、「機械の色んな音がしますが、異常ではありません。」とも。

f:id:fordiary:20171104131955p:plain

時間は20分間。

(スイッチを押すことがないといいなぁ…)と思いながら、検査は始まりました。

横たわったまま、ドーム型の機械の下にウィーンと入っていきます。

頭の上のほうは開いていて、空間が見えるので、思ったより息苦しくなかったです。

検査が始まると、言われた通り色んな音が鳴ります。

ブーーとか、チカチカチカとか。しかも音がドレミで聞こえるんですよね。

絶対音感はないので、自身の中の音階で。

 

なんだか、音楽みたいだ、と思いながら、自分の中で機械の出す音のリズムに合わせてメロディを思い浮かべてましたよ。

でも途中、とーってもうるさい!!って時があって、本当に頭がおかしくなるんじゃないかと。

持たされたやわらかいスイッチを押そうか?!って一瞬よぎりましたぁ。

でも、あと少しの我慢……とふんばりました。

こんなうるさいなら耳栓があってもよかったかなぁ。

 

とりあえずどうにか検査を終えましたよ。

検査結果が気になるな~。

1週間後~結果を聞きに行かないと。

mataiku.com