硬膜外ブロックと神経根ブロック注射

こんにちは。

椎間板ヘルニアと診断された次男

大きい病院に連れていってから一週間が経ち、先日受診してきました。

この間あまり病状に進展はなく、朝晩リリカという薬で痛みを和らげつつも、時に痛みのために立ってご飯を食べたり、横になったまま食べたりして、夜は座薬を入れないと激痛で眠れないといった状態でした。

 

学校に行かないと単位が取れないし、かといって座る時間が長いと辛いので、その由ドクターに伝えると、ブロック注射をしましょうか、ということになりました。

creditcard-c.com

 「ブロック注射」といっても種類があるそうで、当初かかった整形外科では、一度硬膜外ブロック注射をしてもらいました。

それは神経を圧迫しているその箇所ではなく、離れたところから薬液を注入するもので、注射したその時は良かったけど、夜中にはもう激痛に。

つまり、うちの子の場合、効き目がほぼなかったことになります。

 

今回の脊椎専門医のいうブロック注射というのは、「神経根ブロック」の方です。

神経根ブロック注射については、事前に少し調べましたら、痛みを取るだけでなく、症状の改善にも繋がるとのこと。

もちろん、一度で効く人、何度してもまた打たないといけない人がいるようですけどね。

 

 f:id:fordiary:20171030174351p:image

 

 

 

この注射は神経の元の部分に直接注射するので、とてもとてもとても!!痛いらしいです…。

この後少しでも痛みがなくなるなら、頑張るよと本人。

 

放射線検査室で写真を撮りながら、神経の場所を確認しながらの注射。

うめき声が泣き声が聞こえてくるだろうと予想していたのですが、話し声しか聞こえず。

検査室から出てきた息子はケロッとした表情です。

「足がしびれたところで、ココですと合図をした」と本人言っていますが、本当に原因の箇所だったのでしょうか、、不安が残ります。

それでも、注射針を脊椎に何度か刺しなおしたということですから、想像するだけでも痛いですけどね。

 

知り合いに聞くところ、自分は何十回もブロック注射をした、と言っていましたから、とりあえずは一回目、ということで、即効性は期待せずに、焦らないようにしようと思います。

 

mataiku.com