大きい病院へ

おはようございます。

先日から次男のヘルニアをネタにしております。w

 

当初診てもらっていた整形外科病院から紹介状を頂いて、夫と3人でそのまま大きい病院にいきました。

 

f:id:fordiary:20171024220615j:plain

 大きい病院というのは、時間のかかるものですよね。

受付してからかなり待たされ、整形外科の待合で待たされ、MRIを撮ってからまた待たされ、会計で待たされ。

朝9時から最初の病院に来ているのに、この病院が終わって薬をもらったら午後13時半になっていました…。

ただでさえ寝不足なのに、これだけ待たされると、キツいですね。

待合で知らぬ間にこっくりしていました。^^

 

creditcard-c.com

さて、肝心の診察ですが、お歳もそこそこのドクターは脊椎専門ということで、落ち着いて診断なさっているように見えました。

もらってきたデータCDを診られて、別の角度で撮りましょうということで、新たに脊椎の輪切りのMRIも撮りました。

診断は、やはり椎間板ヘルニアということでした。

しかし、診察している間中、夜中のような痛みはないので、先生も軽く見ているようでした。

 

とりあえずは痛み止め、ということでした。

痛み止めは昨晩効かなかったですからね、もう少しつっこんで聞いてみました。

ブロック注射をしなくてもいいのでしょうか、と。

 

ドクターいわく、ブロック注射は飲み薬と手術の中間の処置だとのこと。

まずは飲み薬、と。 

でも昨晩のような痛みは二度と耐えられそうにないと伝えました。

夜中にどれだけ苦しんだか、今晩からも不安だということを話すと、神経の痛みに効くお薬を、効かなければ倍まで増やしていいです、と。

それでもダメなときは座薬を使いましょうと。

 

それで少し希望が持てました。

お薬までもらってやっとお昼ご飯を食べれたのは午後2時でした。

 

 つづく 

mataiku.com