激痛に耐える次男

こんにちは。

今日は仕事を休んで病院に来ています。

先日からこの話題、続いています。

次男椎間板ヘルニアになってしまって、座れないしどうしよう、というところまで書きました。

 

昨日ブログを書き終わると同時に、夫に連れられて再び受診しに行っていた次男が帰ってきました。

神経ブロック注射を打ってもらい、小一時間ほど安静にすると、注射の効き目で痛みが軽減されて、普通に歩けていました。

*追記:ブロック注射ではなかったようです。

 

creditcard-c.com

昼ごはんを食べてから、調子に乗って、パソコンの前に座りっぱなしで、動画を見たりしていました。

少し痛んだけれどお風呂もどうにか入れ、早めに布団に入りました。

 

しかし、その3時間後。

うめき声で同じ階にいる夫が飛び起きました。

夫に起こされて二階に上がってみると、次男はあまりの痛みに、横になるのも座ることもできず、壁に寄りかかってどうにか立っていました。

 

それから、激痛と眠気との戦いが始まりました。

立っているのも辛い、横になりたいけど、体を傾けると激痛に襲われる。

でも寝たい。

激痛を耐えてどうにか横になっては、うつらうつら。

…したかと思えば、体勢を少し変えるだけでまた襲ってくる激痛に堪え兼ね、うめきながら立ち上がるという。

しかも痛みの範囲が広がってしまったとのこと。

昨日までは右太ももの裏側だけだったのに、前側も痛むといいます。

 

泣きじゃくる次男をなだめながら、どうにか寝せては、また起き、の繰り返しで、家族みな寝不足です。

 

つづく。

 

mataiku.com

f:id:fordiary:20171023123822j:image