子ども達の交通安全☆

f:id:fordiary:20170612175847j:plain

こんにちは。

今日は日々車の運転をしながら、思ったことを書こうと思います。

 

写真の「ブレイブボード」という次世代のスケートボード

横乗り姿勢で足を前後させて、くねくねと進ませるボードですよね。

うちの近所でも流行っているのか、道路なのにお構いなしに、乗っている子を見かけることがありました。

まぁ住宅街なので、比較的車の量は少ないですが、危ないなぁ、と思っていました。

 

しかし今日目の当たりにしたのは、交通量の多い、片側2車線の道路でです。

買い物を終え、お店の駐車場から道路へ入って速度を上げようとしたところ、目の前に小学校低学年と思しき男の子が!

思わず「危ない!!」と、クラクションを鳴らしたのですが…。

 

4車線もある国道を、その子は「ブレイブボード」に乗って、悠々と横切っているのです。

歩行者側は赤信号なのにもかかわらず、ゆるゆると横断歩道を渡っています。

 

これはどうしたものかと。

家庭や学校で、徹底的に指導していかなければ、事故が起きてしまっては後悔先に立たずです。

すでに指導が行き届いている地域もありましょうが、そうでない地域の親御さんと学校の方々には、この拙いブログからですがお願いしたいところです。

 

----------------------------------------------

 

もう一つ、運転者として気になるのは、交差点を右左折する時。

信号が青である横断歩道に歩行者がいます。

右左折は当然、横断歩道を渡ろうとする歩行者優先なのに、最近の子ども達は特に左折する自動車に道を譲ろうとしませんか?

腕を大きく振って、「どうぞどうぞ」というのをよく見かけるのです。

 

これはどうなんでしょうね?

あまりに頻繁に見るので、学校でそのように教えているのかな?

と疑問です。